【関連キーワード取得ツールが大幅リニューアル】ラッコキーワードとして生まれ変わりました!

笑顔のハシビロさん
笑顔のハシビロさん

ブロガーさんなら誰もが使っている「関連キーワード取得ツール」が大幅リニューアルされましたね。

生まれ変わった関連キーワード取得ツール↓↓↓

どうも、おすけです!

本記事内容は、生まれ変わった関連キーワード取得ツールについての解説記事となっています。

おすけ
おすけ

本記事を読むことでこのようなことがわかります。

  • ラッコキーワードとは
  • 関連キーワード取得ツールからの変更点
  • メリット・デメリット
  • 新機能を含めた使い方

キーワード選定には欠かせないツールの大幅アップデートなので、詳細をしっかりと確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

ラッコキーワードとは

ラッコキーワードとは、「関連キーワード取得ツール」の大幅リニューアルにより改名された無料で利用できるキーワードリサーチツールです。

関連キーワード取得ツール】
(改名前)
   ↓
【ラッコキーワード】
(改名後)

検索結果画面もかなり見やすくなりました。

「関連キーワード取得ツール」のサービスは2012年6月12日から開始され、これまで約8年簡にわたってキーワード選定の最前線で活躍してくれていました。

現在次々と出てくる解析ツールに負けぬよう対策されたのが今回の大幅リニューアル。

リニューアルによる変更事項や、会員登録等が必要になるので下記にて解説していきます。

リニューアルによる変更事項

わかりやすいようにリニューアルによる変更事項を表にまとめました。

関連KW取得ツールラッコキーワード
(会員)
ラッコキーワード
(非会員)
利用料金無 料無 料無 料
検索回数制限無制限無制限20回/日
(0時リセット)
スマホでの使いやすさ
スマホ対応

スマホ対応

利用料金に関してはリニューアル前と変わらず無料です。

しかし、今回のリニューアルで1番大きく変わったところは非会員の場合には検索回数が1日20回(0時リセット)までという制限ができたところです。

でも安心して下さい。

会員登録を行えば今まで通り検索回数は無制限で、登録は無料で行えます。

下記にて会員登録方法を解説します。

会員登録の方法

会員登録はサイト内に「30秒登録」と記載があるように簡単にできます。

今回はスマホを使っての登録画面にて解説します。

手順①

「新規会員登録」をタップ→メールアドレスを入力し「同意」をチェック→「認証メール送信完了」となる。

手順②

メールを確認しURLをタップ→パスワードの変更→新規パスワードを2回入力。

※パスワードは変更しなくても大丈夫ですが、変更をしておくとログインがしやすくなるので変更することをおすすめします。

手順③

「変更」をタップ→会員登録は全て完了→トップページからログインします。

リニューアルによるメリット・デメリット

結論をいうと、デメリットはありません。

ひとつあげりとするなら、会員登録の手間だけす。

そして、おすすめしたいメリットは2つ。

  • スマホでの検索がしやすくなった
  • 新機能の追加にて検索の効率化ができる

補足解説します。

スマホでの検索がしやすくなった

ひとつめのメリットとしては「スマホ対応」となったことで移動中当の隙間時間でキーワード選定がしやすくなったことです。

副業ブロガーであれば移動中の隙間時間はとても貴重な時間であり、この隙間時間をいかに有効的に時間を使うかでその後の成果を左右します。

「関連キーワード取得ツール」はスマホでも表示できましたが画面がかなり小さくなり操作が不便でした。

しかし今回のリニューアルでスマホ対応したことでノンストレスでキーワード選定ができます。

このようにとても見やすい仕様になりました。

新機能の追加にて検索の効率化ができる

新機能の詳細に関しては下記の「新機能の使い方」にて詳しく解説します。

【新機能あり】
ラッコキーワードの使い方

検索窓にキーワードを入力すると下記の画面になります。

  • 検索件数
  • Yahoo!知恵袋と教えて!goo
  • 検索結果のコピー
  • CSVのダウンロード

上記の項目配置は、下記の写真の通りです。

① 関連キーワード数
検索したキーワードの検索結果の数。

② Q&A数
検索したキーワードに関連する「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」での検索結果の数。

③ Q&A
「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」の一覧。

④ コピー
検索したキーワードの検索結果をコピーでき、Excel等に貼り付けができます。

⑤ CSVのダウンロード

CSVファイルを開くと下記のように表示されます。

コピーとの違いは3つ。

  • 続き文字の表示
  • 単語数の表示
  • CSVファイルが残る

このような違いがありますが、個人的にはコピーでExcelに貼り付けがおすすめ。

理由はCSVファイルを残す必要性もあまり感じられないことと、データを無駄に作成するとPCの圧迫やデスクトップが見づらくなるデメリットがあるからです。

新機能の使い方
※ココ重要です!

ラッコキーワードには「関連キーワード取得ツール」になかった新機能があります。

それは、検索結果をさらに深掘りして別タブで検索ができることです。

「・・・・・・・・。」

はい、よくわからないと思うので詳しく解説します。

例えば「ノートパソコン」で検索した場合に検索結果はこうなります。

ここで下記の赤枠の「ノートパソコン Amazon」でさらに検索したときに、青枠内のアイコンをクリックします。

すると「ノートパソコン Amazon」で再検索をしてくれ、さらに新規のタブで開いてくれます。

「関連キーワード取得ツール」の時は自分で新規でタブを表示させ、キーワードをコピー貼り付けをして再検索をしていたのでとても楽になりました。

キーワード選定が確実に効率化されるので是非試してみて欲しい新機能です。

スポンサーリンク

ラッコIDアフィリエイトとの連携
※最終調整中

ラッコさんはこのラッコキーワード以外にも下記のサービスを展開しています。

2020.7.11現在、最終調整中ですが「ラッコIDアフィリエイト」(上記3サイト)にラッコキーワードが加わります。

現在、「中古ドメイン購入」「サイト売買」「ドメイン取得」等のアクションにより、

報酬が発生するプログラムとなっており、こちらにラッコキーワードが加わる予定です。

ラッコキーワードは無料ツールのため、報酬額自体は大きくはございませんが、

ラッコM&Aのサイト売買案件や、中古ドメインがレコメンド表示されるため、

結果的にこれらの成果も同時に発生する可能性がございます。

紹介しやすい無料ツールの紹介から、大きな成果に繋げるチャンスが生まれます!

引用元:ラッコキーワード

最終調整中ということで詳細は分かりませんがラッコさんでのアフィリエイトの幅が広がるようです。

※実装されたら追記します。

ま と め

「関連キーワード取得ツール」の大幅アップデートの変更事項をまとめます。

  • 料金は無料
  • 会員登録しないと検索制限がある
    20回/日(0時にリセット)
    会員登録をすることで無制限となる
  • デメリットはない
  • スマホ対応
    スマホでの画面表示が見やすくなったので、移動中等でも楽々検索
  • 検索結果をさらに深掘りして別タブで検索ができる
  • 今後さらにアップデートされる予定

大幅アップデートでこんなもデメリットがないアップデートは珍しいと思います。

今後のさらなるアップデートにも期待しつつ、ラッコキーワードを有効活用していきましょう。

本記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、次のブログでお会いしましょう。

以上、おすけでした!

おすけ
おすけ
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!