\Twitter follow me/

【比較/動画あり】コスパ最強!Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)レビュー!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
ち~さん

最近子供が夜にトイレに行くときに、(背が低いため)電気のスイッチが届かなく毎回呼ばれるのが正直めんどくさいです…

おすけ

ママは常に家事に追われているので、変なタイミングで毎回呼ばれるのは何気につらいですよね。我が家の息子は暗い廊下が怖いらしく、トイレに行くときはいつも「電気つけて~」と叫んでいました。

こんな時にはセンサーライトがおすすめです。

センサーライトがあれば廊下への扉を開ければセンサーが感知して自動でライトが点灯してくれます。

我が家では廊下にセンサーライトを取り付けたところ、変なタイミングでの「電気付けて~」口撃から見事に開放されました。

おすけ

人に反応してライトが点灯する感じもうちの子的には面白かったようです!

センサーライトを設置することによって家事を中断するという小さなストレスの積み重なりもなくなります。

ち~さん

つまり親も子も、お互いにWinWinの関係になることができるってことですね!

本記事では他社商品との比較も踏まえながら、Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)を徹底レビューしています。

お子さんのためそして日々家事や育児を頑張るママさんのためにも、本記事を最後までお読みいただき、センサーライトを試していただけたらと思います。

\最大24ヶ月保証で安心/

スポンサーリンク
目次

【比較/動画あり】
Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト) レビュー

開封

見た目はとてもスタイリッシュで安っぽい感じはありません。

画像だとわかりにくいかもしれませんが、とてもきれいな「白」です。壁紙の「白」や「アイボリー」などの同系色にも違和感なく自然と溶け込み設置することが可能です。

裏面には最初から両面テープが4ヶ所ついています。

両面テープが付いている蓋をスライドすると取り外すことができ、電池を入れることができます。

明るさ

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の点灯の様子

床から60㎝の位置に取付けるとこんな感じです。

床置きにするとこんな感じ。

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の点灯の様子
おすけ

やはり床置きよりも壁に取り付けた方が明るくなりますね!

【動画】取付後の実際の使用感(様子)

「百聞は一見にしかず!」「画像より動画」ということで、下記の動画にてAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の実際の様子を確認してください。

本体サイズが小さいので明るさが心配でしたが、実際には十分な明るさでした。

我が家では床からおよそ60cmの位置にライトを取り付けましたが、取付位置をもっと高く設置すればより広範囲で明るくなりそうです。

床置きでもセンサーは反応してくれますが、やはり明るい範囲は狭くなってしまいます。

ライトの取付方法は3つ
【結論:(壁紙用)両面テープ一択!】

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の取付け方法は下記の3つです。

取付方法

  • 壁にネジで取付け
  • 床置き
  • 壁に両面テープで取付け

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)
取付け方法比較表

取付け方法メリットデメリット
壁にネジで
取付け
強固に固定できる
掃除の邪魔にならない
壁に穴が開く
ライトの移動が困難
多少の大工知識が必要
床置き設置が最も簡単掃除の邪魔になる
明るい範囲が狭い
壁に両面テープで取付け 壁に穴をあけずに取付け可能
掃除の邪魔にならない
取外しの際に壁紙が破れる可能性がある
(故に ライトの移動が困難)
ライトの移動が困難
壁に別売りの
壁紙用両面
テープで取付け
壁に穴をあけずに取付け可能
ライトの移動が簡単
壁紙を痛める心配がない
掃除の邪魔にならない
別途購入の必要がある

結論、おすすめの取付け方法は壁に両面テープでの取付けです。

しかし注意点があります。元から付いている両面テープをそのまま使うのはおすすめできないということです。

下記にてそれぞれの取付方法について詳しく解説します。

ネジので固定はおすすめできない!

ネジで固定はおすすめできません。なぜなら壁に穴を開ける必要があり、一度設置してしまうと移動が困難だからです。

センサーライトは取付後に実際に使用(生活)してみると…

「あれ!?ライトの位置はココじゃなくてもっと〇〇な位置がいいかも…」と思う確率がかなり高いです。

感覚でいきなり取付けてしまうと、無駄に壁に穴をあけてしまう可能性が高いのでおすすめできません。

床起き【掃除の邪魔になる】

床置きはおすすめできません。なぜなら掃除の邪魔になるからです。

床置きのデメリット

  • 掃除がしにくい
  • センサーライトが動いてしまう
  • センサーライトの向きが変わる
    (ライトが点灯しなくなる)

上記の理由からセンサーライトの床置きはおすすめできません。

壁に両面テープでの取付け
【壁紙用両面テープがおすすめ】

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)は壁に両面テープでの取付けがおすすめです。取付け方法も簡単で掃除の邪魔にもなりません。

ですが、元から付いている両面テープでの取付けはNGです。

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)は、別売りの壁紙用両面テープを使用しての取付がおすすめです。

ち~さん

なんで別売りの両面テープを使う必要があるんですか?

おすけ

元から付いている両面テープは粘着強度が強すぎるからですよ!

ち~さん

粘着強度が強いとなんでダメなんですか?

おすけ

粘着強度が強いと取外しの際に壁紙が破れてしまう可能性があるからです!

センサーライトは取付後に実際に使って(生活)みると、その後にセンサーライトの位置を変えたくなることが多いです。

壁紙用両面テープなら取付け後の位置の移動や取外しのが簡単にできます。

メリットデメリット
壁に元からの
両面テープ
で取付け
壁に穴をあけずに取付け可能
掃除の邪魔にならない
取外しの際に壁紙が破れる可能性がある
(故に ライトの移動が困難)
ライトの移動が困難
壁に別売りの
壁紙用両面
テープで取付け
壁に穴をあけずに取付け可能
ライトの移動が簡単
壁紙を痛める心配がない
掃除の邪魔にならない
別途購入の必要がある

しかしひとつだけ注意点があります。

壁紙用両面テープの注意点は、壁紙を破らずにはがすことができる分、元の両面テープより接着強度がそこまで強くないことです。

でも安心してください。Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の重さはおよそ41gと軽量です。

壁紙用両面テープでもしっかりと接着し固定できます。

おすけ

我が家では取付けから1ヶ月経っていますが問題なく接着しています!

繰り返しですが、Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の取付け位置方法は壁紙用両面テープ一択です!

≫壁紙用両面テープはこちら

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)と他社製品との比較

アイリスオーヤマの乾電池式LEDセンサーライトとAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の比較

今回、 Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト) と比較するのはアイリスオーヤマのセンサーライトです。

商品名

画像引用:Amazon


画像引用:楽天
価格と個数1,799円
3個
1,580円
1個
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
カラーホワイトホワイト
サイズ 幅:72㎜
奥行:32㎜
高さ:72㎜
φ62×134㎜
W数 0.1W 0.3W
ライトの色 電球色 電球色/昼白色
電池の本数 単4形電池3本 単3形電池3本
連続使用時間 最大約1年間 (1日10回/各10秒点灯の場合)
Hi 約12ヶ月/Lo 約24ヶ月
設置方法ネジ(壁)
画鋲(壁)
床置き
壁紙両面テープ(壁)
床置き
吊るし
壁への取付
明るさ普通明るい
人感センサーの反応範囲やや狭い広い
点灯する暗さ 昼間はほぼ点灯しない 昼でも日が
差し込んでいなければ点灯
販売サイト 詳細を見る 詳細を見る
2021年12月27日現在

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)はライトの数が3個で1,799円に対して、アイリスオーヤマの乾電池式LEDセンサーライトはライトの数が1個で1,580円と高いです。

アイリスオーヤマのセンサーライトは人感センサーの範囲が広く光は強いですが、1個だけだとどうしても人を感知する範囲が限られてしまいます。

逆にAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の光の強さは普通で、人感センサーの範囲はやや狭いです。しかし 3個という個数でそのデメリットを十分以上にカバーできます。

また、アイリスオーヤマの乾電池式LEDセンサーライトは床置きもしくは、吊るしでしか取付ができないというデメリットがかなり痛いです。廊下へセンサーライトを床置きをした場合掃除がしにくいなどのデメリットがあります。

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)が壁への取付が可能です。   

結局どっちを選べばいいの?
結論、Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)がおすすめです!

結論Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)がおすすめです。3個セットなので様々な角度から人を感知することができ、広範囲に渡って明るく照らしてくれます。

また壁への取付が可能なので、掃除の邪魔にもなりません。

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)は価格と性能のバランスが見事にとれているセンサーライトです。

≫ Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト) の購入はこちら

階段にはアイリスオーヤマの乾電池式LEDセンサーライトはアリ!

アイリスオーヤマの乾電池式LEDセンサーライトはAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)よりも明るさが優れています。転んだら危険な階段での設置はアリです。

我が家では実際に階段ではアイリス 乾電池式LEDセンサーライトを使っています。

アイリスオーヤマ乾電池式LEDセンサーライト
おすけ

階段はもともと掃除がしにくいので、センサーライトを床置きしたところでそこまで影響はありませんよ!

≫アイリスオーヤマの 乾電池式LEDセンサーライト の購入はこちら

【新モデル】Anker Eufy Lumi Dual-Bright Night Lightとの比較

商品名

旧モデル
画像引用:Amazon


新モデル
画像引用:Amazon
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
価格1,799円2,490円
サイズ 幅:72㎜
奥行:32㎜
高さ:72㎜
幅:76㎜
奥行:33㎜
高さ:76㎜
W数 0.1W 0.2W
\一番の違い/
明るさの変更
なし2段階あり
保護カバーなしあり
販売サイト 詳細を見る 詳細を見る
2021年12月27日現在

実は Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト) にはAnker Eufy Lumi Dual-Bright Night Light (コンパクトLEDセンサーライト)という新モデルがあります。

新モデルと旧モデルの大きな違いは明るさを2種類選ぶことができる点です。

より強い明るさを求めるのであれば新モデルを選ぶメリットはあります。しかし個人的には旧モデルの明るさで十分です。Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)は「明るすぎずにちょうどいい」という口コミが多く見受けられます。

おすけ

僕自身もまさにその通りであると思います!

夜中のトイレや、日の出前に起床するときには明るすぎると眩しくて目を開けにくいです。しかしこのAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の明るさは丁度いいです。

おすけ

我が家の息子は旧モデルのAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の明るさでも怖がらずに1人でトイㇾに行くことができています。

価格も旧モデルの方が安いです。正直、現状のスペックの差であれば新モデルを検討する必要性はないです。

≫ Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト) の購入はこちら

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の口コミ

悪い口コミ

両面テープでの取付けは粘着の強度によっては落ちてくることもあります。取付けつ素材にも影響するので資材にあった両面テープを使用しましょう。

壁紙に取付ける場合には壁紙用両面テープがおすすめです。接着強度がめちゃくちゃ強い訳ではありませんが、壁紙を傷つけいないという最強のメリットがあります。

≫壁紙用両面テープの購入はこちら

いい口コミ

https://twitter.com/u_ta_kasou/status/1420033387742605319?s=20

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)のいい口コミは本当に多いです。

主な口コミ内容

  • コスパがいい
  • 3個セットがいい
  • 明るさがちょうどいい

まとめ
【Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)レビュー】

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)はコスパ最強のセンサーライトです。

人感センサーの範囲かやや狭く感じますが、3個入りで3ヶ所に設置できるので、そのデメリットは個数でカバーできます。

明るさは、明るすぎず暗すぎずで絶妙です。

おすすめの取付け方法は壁に壁紙用両面テープを使っての取付けです。

壁にセンサーライトを取付ければ掃除の邪魔に一切なりません。また、もしセンサーライトの取付け位置を変えたい場合でも両面テープにより壁紙を傷つけることはありません。

我が家の息子はAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)の明るさで、怖がることなく1人でトイレに行くことができるようになりました。

おすけ

電気のスイッチに手が届かなくて毎回「電気つけてぇ~」の呼出し口撃から解放されます!

繰り返しですが、価格は1,799円で3個入りのAnker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)はコスパ最強です。

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)を自宅の廊下や階段に設置をすることで、きっと想像するよりも快適な生活を送ることができるようになります。

Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト)は最大24ヶ月の保証もあるので、万が一初期不良等があった場合にも安心です。

コスパ最強の Anker Eufy Lumi (LEDセンサーライト) をぜひ体感してみてください。

\最大24ヶ月保証で安心/

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる