\Twitter follow me/

カーナビでYouTubeを見る方法2選【ミラーリングとHDMIでの接続】

悩むハシビロさん

スマホをカーナビに連動させてYouTubeやその他の動画見る方法はありますか?

本記事ではこんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • Wi-Fiを使って無線でスマホ画面をカーナビにミラーリングさせる方法
  • 有線でスマホとカーナビを接続する方法

とんでもなく古いカーナビでない限り、スマホがあればカーナビでYouTubeやその他の動画を見ることは可能です。本記事ではスマホとカーナビを連動させるための2つの方法(アイテム)を紹介します。

  • Any cast
    ※Wi-Fiで接続(無線)
  • Apple Lightning – Digital AVアダプタ
    ※ケーブルで接続(有線)

この2つにはそれぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあります。本記事にてわかりやすく解説するので参考にしてください。

目次
スポンサーリンク

【確認】カーナビでYouTube見るにはHDMIとUSB端子が必要!

まず最初に行うことは車内、カーナビの環境の確認です。

  • カーナビはHDMI対応なのか
  • HDMI端子の差し込み口はあるか
  • USB端子はあるか

当たり前ですがHDMI端子の差し込み口があればカーナビはHDMIに対応しています。HDMI端子がない場合は、カーナビにてHDMIの表示があるか確認して下さい。
※USB端子はこの後紹介する2つの方法の内、1つの方法でのみ必要となります。

HDMI端子の差し込み口がない場合

「HDMI対応のカーナビ」でもHDMI端子の差し込み口が設置されていない場合もあります。ディーラーやオートバックス等で設置してもらいましょう。

ちなみに、トヨタではHDMI端子の差し込み口の設置は純正オプションではなく追加オプションです。金額は税込み9,900円(工賃は別途)です。

             

画像引用:TOYOTA HP

「工賃がもったいない!これくらい自分で付けれる!」という人は部品のみネットで購入もできます。

【Any cast 】
Wi-Fiを使って無線でスマホ画面をミラーリング

この「Any cast 」は本体からWi-Fiが飛んでおり、そのWi-Fiを使って無線でスマホと接続しカーナビへミラーリングをさせることができます。

無線なので、接続後もこんな感じでスッキリです。

HDMI端子とUSB端子の両方が必要なので注意してくださいね!

おすけ
おすけ

価格はおよそ3,000とお値打ち

コスパ最強です。3,000円ほど払えばノンストレスでカーナビでYouTubeやその他の動画を高画質で見ることが可能になります。
接続も素早くできますし、接続が途中で途切れることもありません。コードが邪魔でイライラすることもありません。
繰り返しですがコスパ最強です。

再生できる動画サイトが限定されている

画像出典:Amazon

注目すべき点はひとつ。Androidとiphoneで再生可能な動画サイトが違うという点です。
「NETFLIX」「amazon prime video」「hulu」の再生がAndroidでは可能ですが、iPhoneではできません。

YouTubeはどちらでも見ることができます。

Any Castの接 続や設定は簡単【3分で終わります】

Any Castの接続や設定は簡単です。

  1. 付属パーツの組立て
  2. 車内のHDMIとUSBに接続
  3. Wi-Fiを接続
  4. ミラーリングの設定
    ミラーリングの設定のみスマホにて毎回行う必要があります。

こんな感じです。

Any Castの接続方法を詳しく知りたい方は Anycast M9Plusの設定方法【3分でiphoneをカーナビにミラーリング】 にて詳しく解説しています。
※こちらの記事で紹介しているAny Castは少し古いタイプなので接続方法が若干異なる可能性があります。

【Any Cast】メリット・デメリットのまとめ

Any Castのメリット

  • 無線で接続ができる
  • 車内の配線がコンパクト
  • 接続が安定している
  • 3,000円で購入ができコスパ最強

Any Castのデメリット

  • iPhoneではYouTubeしか見ることはできない
    「NETFLIX」「Amazonプライムビデオ」「hulu」は非対応
    ※カメラロールの動画は再生可能
  • 接続には毎回スマホにてミラーリングの設定が必要

【Apple Lightning – Digital AVアダプタ】
HDMIケーブルを使い有線で接続

この「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」とHDMIケーブルをiphoneに接続することで、カーナビでYouTube(やその他の動画)を見ることができます。

この状態からスマホに接続するので先ほど紹介したAny Castに比べると車内がごちゃごちゃします。

HDMIケーブルを短くすれば多少スッキリしますが、その場合スマホに接続後の可動範囲が狭くなり使いづらくなります。

価格はおよそ6,000円と少し高い

先ほどご紹介した「Any cast 」と比べるとおよそ2倍の価格です。
(Any Castはおよそ3,000円)

しかし、2倍の金額を支払うメリットも存在します。メリットはiPhoneでも「NETFLIX」や「Amazonプライムビデオ」などのVODが再生可能という点です。

再生できる動画サイトの種類

「Any cast 」ではiphoneで見ることのできなかった「NETFLIX」「amazon prime video」などのVODがこの「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」では見ることができます。

おすけ

もちろん、YouTubeもしっかり見れますが「U-NEXT」は見れないのでご注意を!

iPhoneやiPadで見れてる動画などは全て見れますか?
  • 私の場合Amazonプライム動画を見るのがメインなのですが、それ以外の自分で撮影した動画は問題無く見れます。一部DLした動画で見れない物があります。恐らく著作権の関係なのではないかと諦めています。
  • 純正品なのでほぼokです。
  • 値段=品質稼働力ですね、安物や安価中華版みたいな事にはならずiOSアップデートしても使い続けれます。
  • Netflixも確認済みSAO大画面出力で観てます笑、U-NEXTは全部ダメ。

引用元:Amazon

【1分で完了】
接続方法はコードを差し込むだけでOK

車のHDMIソケットにHDMI端子を差し込みます。

Apple Lightning – Digital AVアダプタにHDMI端子を差し込みます。
※ライトニングケーブルも差し込めるので充電も同時に行えます。

完了です。

Apple Lightning – Digital AVアダプタのメリット・デメリット

Apple Lightning – Digital AVアダプタのメリット

  • 接続が差すだけでOK
    ※Any Castは毎回ミラーリングの設定をスマホで行う必要がある
  • iPhoneでも「NETFLIX」や「Amazonプライムビデオ」「hulu」等の視聴が可能

Apple Lightning – Digital AVアダプタのデメリット

  • 有線接続なので線が車内でごちゃごちゃする
  • 価格がおよそ6,000円と高い
  • 毎回抜き差しするので接触不良になる可能性がある

【補足】接触不良の可能性について

スマホを接続した状態で使用するので画像の赤丸部分に不可かかかってしまい接触不良を起こすことがあります。
僕の使い方が悪かったのかもしれませんが、購入から1年半ほどで接続がかなり不安定になりました。

※類似品には要注意※

この「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」は類似商品がとても多いです。価格が半額かそれ以下なのですが正規品とは違って「NETFLIX」や「Amazon prime video」「hulu」等の有料の動画サイトが見れません。

カメラロールの動画やYouTubeだけ見れればいい場合ならOKかもしれませんが、レビュー評価も良くないものが多いのですぐに使えなくなってしまうことを覚悟した方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

【Any CastとApple Lightning】
どちらを選ぶか迷った時のポイント

  • どの動画サイトを見たいのかで選ぶ
  • 接続方法で選ぶ

Any CastとApple Lightningのどちらを選べばいいのかを迷ったときは上記の2点を基準としてください。

どの動画サイトを見たいのかで選ぶ

iPhoneの場合

「Amazon prime video」や「hulu」等が見たければ「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」一択。
「YouTubeだけ見れればいい」という場合は価格的に「Any cast 」です。

Androidの場合

Androidの場合は「Any Cast」1択。「YouTube」「NETFLIX」「Amazonプライムビデオ」「hulu」の再生が可能です。

接続方法で選ぶ

「Any cast 」は本体からWi-Fiが出ているので無線で接続ができ、「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」は有線での接続です。車内で線をゴチャゴチャさせたくない人は「Any cast 」ががおすすめです。

配線状況を比べてみるとこんな感じです。

おすけ

あきらかに右側の「Any cast 」の方がスッキリですね。

ま と め

カーナビでYouTubeやその他の動画を見る方法は2つ

  • 「Any cast」を使って無線でカーナビと接続
  • 「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」を使って有線でカーナビと接続

どちらかを迷ったときのポイントは2つ

  • どの動画サイトを見たいのか
    「Any cast」では「NETFLIX」や「Amazonプライムビデオ」「hulu」の再生がiPhoneでは不可。Androidでは可能。
    「Apple Lightning」ではiPhone、Androidどちらでも可能。
  • 接続方法
    「Any cast」→無線
    「Apple Lightning 」→有線

僕、個人的には安価でコスパ最強、車内もスッキリできる「Any cast 」をがおすすめです。

皆さんはどちらの接続方法を選びますか?

是非、検討してみてください。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる