\Twitter follow me/

【初心者でも安心】カーブ(R)部分に人工芝をかんたんに施工(カット)する方法

ち~さん

人工芝を庭に自分で敷きたいけど、うちの庭はブロックタイルやコンクリートがカーブしている部分が多いんです…

本記事の悩み

  • カーブ部分の人工芝のカットは難しい?
  • カーブ部分が多いなら業者に頼むべき?
  • DIY初心者でもかんたんにカーブ部分をカットする方法はある?

本記事ではこんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • カーブ部分の人工芝のカットが難しくない理由
  • 実際の施工例

実はカーブしている(Rになっている)部分や建物やブロック等が入り組んでいる箇所への人工芝の施工は難しくありません。なぜなら、今回紹介する人工芝のカーブ部分へカット(施工)方法ではスケール(メジャー)が無くても施工可能だからです。

先に結論からいうと

防草シートで人工芝を敷く部分の型をとり、その型通りに人工芝をカットする!

という施工方法を使えば、初心者でもかんたんにカーブ部分の人工芝をカット(施工)をすることができます。

カーブ部分や入り組んだところを細かくスケールで測る必要はありません。人工芝を敷く部分に防草シートを押し当ててカッターでカットすれば型の完成。その型を人工芝の裏面に貼り付け型通りにカットしていくだけです。

おすけ

ちなみに僕自身はDIYが特に得意というわけではありません。しかしこの防草シートで型をとった方法で実際に人工芝を施工(カット)したところ、とてもきれいにカーブ部分に人工芝を敷くことができました!

Bifore

After

DIY初心者でもカーブ部分の人工芝のカットはかんたんです。本記事を読むことで、業者に頼らず安くそしてきれいに人工芝を敷くことができます。

おすけ

子供が安心安全に遊ぶことができる、雑草のない1年中きれいな庭を頑張って作っていきましょう!

人工芝選びで迷っている方は 【人工芝のおすすめ9選】柔らかさや水はけを実物で徹底比較!迷ったらコレだ! の記事を参考にして下さい。

目次
スポンサーリンク

カーブ部分の人工芝のカットが難しくない理由

冒頭でもお話しましたが、カーブ部分の人工芝のカットはDIY初心者でも難しくありません。

カーブ部分の人工芝のカットが難しくない理由

  • 専門的な道具を必要としない
  • スケール(メジャー)がなくてもOK

特に必要な道具はなく、通常通りに人工芝を敷く道具があれば大丈夫です。人工芝を敷く部分を細かく測る必要もないのでスケール(メジャー)すらなくてもOKです。

カーブ部分の人工芝のカット(施工)方法は…

防草シートで型をとり、その型通りに人工芝をカットする!

という施工方法で、防草シートで人工芝を敷く部分の型をとってその型通りに人工芝をカットするだけなので本当にかんたんです。

防草シートは安いペラペラなタイプはNG!

準備の段階でひとつ注意しなくてはいけないことは、安いペラペラの防草シートを使わない(購入しない)ということです。なぜらなら、ペラペラの防草シートを使うと人工芝を敷く箇所の型がうまくとれないからです。

かといって高級な防草シートを使う必要はありません。ネットだと硬さまではわからないのでホームセンターなどで実際に触って硬さを確かめて購入することをおすすめします。

おすけ

ちなみに今回僕が使った防草シートはこちら!

おそらくDCMカーマで下から2番目くらいの価格の防草シートですが、それなりに厚みがあり型としても十分に使えました。

カーブ部分へ人工芝を敷く(カット)施工手順

カーブ部分の人工芝のカットに施工手順

  1. カーブ部分の人工芝のカット手順
  2. 防草シート敷く
  3. 現況に合わせて防草シートをカット
  4. 人工芝の裏目にカットした防草シートを貼りつける
  5. 防草シートの形通りに人工芝をカット
  6. 防草シートと人工芝設置
  7. ピン留めして完了

ポイントとしては防草シートをしっかりと敷き、人工芝を敷きたい部分に余裕を持たせず目一杯のサイズでカットすることです。

防草シートの型ができたら人工芝の裏面に貼り付け、型通りに人工芝をカット。このカットでは防草シートから5㎜~1㎝程離して人工芝をカットをした方がいいです。なぜなら人工芝は多少反り返るくらいの方がきれいに収まり雑草が生えにくいからです。

おすけ

もし大きすぎた場合はカットすればOK!

人工芝を小さくカットしてしまった場合は見栄えが悪くなることや、雑草が生える原因になるので注意しましょう!

スポンサーリンク

実際に行ったカーブ部分の人工芝のカットと施工例

おすけ

僕自身が我が家の庭のカーブ部分に人工芝を敷いた実際の施工例を紹介します。

先ほど紹介した施工手順でイメージができなかった人も「百聞は一見に如かず」ということで実際の施工写真を見ればしっかりとイメージができると思います。

写真はタップで拡大できます!

STEP
地面を整地し防草シートを敷く
STEP
防草シートのカット

まずは防草シートをブロックタイルに少しかかるくらいでカットします。

ブロックタイルのフチにカッターを押し当てて防草シートをさらにカット。

STEP
人工芝を用意
※芝の目の向きに注意!

人工芝は芝の向きによって色味が異なります。どの角度からどのように見せたいのかを考えましょう。

STEP
人工芝の裏面に防草シートの型を設置

四隅をしっかりと合わせてブロック等で固定。

【防草シートの向きに注意!】
人工芝はカットしたらひっくり返して設置するので、防草シートをカットしたの向きで設置すると左右が逆になってしまいます。「人工芝はカット後にひっくり返して設置する」ということを忘れないようにしましょう。

STEP
人工芝をカット

防草シートの型通りにカットするだけなので難しくはありません。

STEP
カットした人工芝を設置

防草シートを戻し、カットした人工芝を設置。しかし、ちょこっと人工芝が足りなかった部分を追加で施工。

STEP
追加で人工芝をカット→設置

施工手順は同じです。防草シートで型を作りその型を人工芝の裏面に貼り付けてカットし設置。

STEP
完成

まとめ
【カーブ(R)部分に人工芝をかんたんに施工(カット)する方法】

カーブ部分への人工芝のカットはDIY初心者でも難しくはありません。防草シートで型をとりその型通りに人工芝をカットすればOKなので難しいことはなく、専門的な道具も不要です。

注意点としては、防草シートは厚手のタイプを選ぶことが大切です。ペラペラな防草シートの場合、型をうまくとることができません。

防草シートで型をとるときのポイントは…

  • 余裕を持たせずに目一杯のサイズでカット
  • 人工芝のカットは防草シートの型から5㎜~1㎝は余裕を持ってカット

人工芝は業者に頼むと1㎡あたり6,000円以上とかなり高額なので、頑張って自分で敷けばかなりの節約になります。人工芝は最低5年から10年は持つ耐久性もあるので頑張る価値はあります。

1年中雑草のない、子供が安全に遊べるきれいな人工芝の庭造りにぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる